下痢の原因・ストレス由来


続く下痢には様々な原因がありますが、下痢は健康な人でも起ります。
腹痛を伴う事も珍しくありません。でも下痢が長く続くなど慢性的な下痢の原因の多くはストレスが関係していると言われます。

下痢が起こる原因はストレスに!

  どうして下痢になるのか?下痢の原因や改善策を順を追って考えていきましょう
 
慢性的に下痢が続いている人の多くは、病院で検査を受けても異常が見つからず、過敏性腸症候群と診断されます。
慢性的なおなかの病気ですから、下痢だけでなく腹痛や時には便秘になったりすることもあります。 あるいはガスや腹部膨満感などの症状に悩まされ、どうして下痢になるのか原因が分からずに日常生活に支障をきたすことが少なくありません。 このような下痢の原因がストレスによっておこる場合、それによって引き起こされた症状がまたストレスのもととなる、という悪循環を繰り返します。 例えば、通勤途中でトイレに行きたくなったり、大事な席で便意のために中座せざるを得ない、といった事が起ります。このような事が繰り返し起ると、欠勤や遅刻が多くなったり、人との付き合いに支障をきたし、精神的に参って、うつ的になる場合があります。 おなかの症状はリラックスしている時は便意が起りにくいこともあり、周りからは「気のせい」とか「精神的に弱いから」などといわれがちです。 ですから一人で悩む人が多く、病院へ行く人、いかずにじっと耐える人が出てきます。下痢の原因が分からない、下痢が続くような場合は、一度は病院へ行ってみましょう。年齢によっては背後に重篤な疾病がある場合があります。 ストレスは誰でも起ります。そのストレスを上手に回避できる人もいます。ストレスが起きても“なんのその”といって蹴散らかす力を持っている人もいます。それは腸内環境が関係していることもあるのです。 というのは腸内では脳内ホルモン、セロトニン、ドーパミンといった幸せを感じるホルモンが作られるからです。このようなホルモンがたくさんあると、 ストレスを上手に回避できる思考となるようです。

続く下痢を改善!日光浴も改善の糸口に!

また、日光を浴びることでも、脳内のホルモンの働きを正常化へ導きます。なかでも、セロトニンというホルモンが、正常に働くようになるのです。セロトニンの不足は、不眠症、うつ病の原因とも言われています。 このセロトニンが不足すると、自律神経が乱れてしまいます。乱れた自律神経は、胃腸へ直結して悪影響を与えるので当然ですが、慢性の下痢が続く原因ともなってくるのです。 ストレスを上手に回避するにはまず始めに腸内環境を整えてましょう。それと同時に、生活習慣を見直し、脳内ホルモンがたくさん作られるような環境にしましょう。 腸内環境を整える為に必要なサプリメントがありますので、賢く利用しましょう。下痢の改善の早道です。

]]>

タイトルとURLをコピーしました