下痢の原因ストレス以外に

下痢が続いたり、下痢が慢性化した長引く下痢はストレスが主な原因だというがわかっていますが、ではストレスが解消したら下痢が治るのかといっても下痢が治らない事があるのです

下痢が続く原因はストレス以外の要因に

そこで、ストレスではない別の下痢の原因が見つかったという朗報です!というのはNHKの「ためしてがってん」の番組で紹介された実験の結果、下痢が続く方(過敏性腸症候群)の方には呼気(こき)の中にメタンガスの成分が多く含まれている事がわかったのです。

息の中に含まれるメタンガスや水素ガスの割合が高い人は、過敏性腸症候群である確率が高いのです。そして、そのガスを作り出す原因こそが、今回新たに見つかった下痢の原因つまり、過敏性腸症候群の犯人だったのです。
つまり、下痢が続く原因は「腸内細菌」なのです。

下痢が続く原因は腸内細菌に!

腸内細菌は誰もが持っていますが、一体何がきっかけで、下痢を引き起こしてしまうのでしょうか?
腸内細菌は通常は大腸にいて、腸内細菌が働くとメタンガス・水素・二酸化炭素を出します。 腸内細菌が出した気体は血液から肺に入って息に混じります。過敏性腸症候群の方はメタンガスの息が早くでてきます。なぜならこれは腸内細菌が小腸にまで入り込むことによるからです。 なぜ腸内細菌は、小腸まで入ることができたかというと、風邪でおなかを壊したり、食あたりでおなかを壊したりすることがきっかけで、小腸の免疫力が下がり小腸にも住み着いてしまうことがあるのです

小腸は棲みついた腸内細菌を異物と見なし追い出そうと激しく運動をしてしまうのです。
その結果、本来なら小腸で消化吸収されるはずの食べ物が未消化のまま大腸に達してしまい、下痢になるのです。慢性的な下痢の原因は、腸内細菌が小腸で異常増殖したことも考えられるのです。 慢性的な下痢で、腸内細菌が原因の場合は小腸に異常増殖した腸内細菌を撲滅するのが有効なので、手軽に実践できる対策法として腸内細菌を兵糧攻めにする方法です

小腸の腸内細菌をやっつける!兵糧攻めの方法として

1. 食事を腹8分目にする
2. 空腹時間を8時間以上確保する
例えば、深夜に食事をした場合は朝食を抜きます(症状が治るまでの一時的な対策です)。空腹時間を長くすることで栄養分が小腸の腸内細菌に十分に行き渡らなくなり、数が減少すると考えられています。  下痢が続いたり、下痢の原因が分からない場合、朝ごはんを抜くのも良い方法かもしれませんね。昼食がとっても美味しくいただけますよ。「食」が病気を治しますので質の良い食事を務めてしましょう。サプリメントで栄養などを補う事も良い方法の一つです。

続く下痢を治すには腸内環境を整える

病気予防の一番の要は腸内環境が優れていることです。腸が丈夫であれば、腸内で活動が正常に行われ、たとえ有害なものが少々入ってきたとしても、腸内で処理することが出来るのです。

冬場に流行る病気の原因となるウイルスなども腸内で繁殖を防ぐことが出来るのです。
慢性的な下痢で悩んでおられる方は腸内活動が乱れている可能性が十分にあります。まずは腸内環境を良くして見ましょう。腸内環境を良好にするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

]]>

タイトルとURLをコピーしました