下痢の原因になるゼラチン

下痢は様々な事柄が原因として考えられます。そのため、ひとつのことだけを原因としてあげるのは難しい症状です。体質や年齢、食環境、心の環境など、様々なことが絡み合っており、結果が下痢という症状の形をとっているにすぎません。そのため、慢性的な下痢に悩まされている方は日常生活を送るのさえ、億劫になることもあります。

下痢が続くと、なかなか普通の食事が摂れない方も多いのではないでしょうか。

思うように食欲もわかないから……という理由から、栄養ゼリーのように柔らかく消化に良いものを好んで食べてはいないでしょうか?

ですが、長期に渡る下痢でお困りの方が、消化の良いものばかり摂っていると、それが下痢を長引かせる原因にもなります。消化の良いものは、結局は便を形作るもとになりません。また、下痢になるからと食物繊維を避ける方もいらっしゃいますが、この食物繊維こそ、便の形を作る上では必要不可欠なものなのです。

下痢が続く原因となるゼラチン

ゼリーといえばゼラチン、というぐらいお菓子の原料としてすっかりポピュラーになった原料ですが、もともとゼラチンはコラーゲンというタンパク質からできています。

コラーゲンは牛や豚の骨や皮など、動物の関節部分にも多く存在しています。弾力性と粘性が強いため、やわらかくプルンとした食感があり、体温で溶けるという特徴があります。寒天などと比べて口溶けが良いのも特徴です。最近では肌の弾力を保つのにもいいとされ、美肌成分の一つとしてももてはやされるようになりました。

こうしてみるといいことばかりのようなゼラチンですが、実は下痢の原因となることがあります。

ゼラチンはお菓子だけではなく、他にも色々なところで使われています。

口紅などの化粧品をはじめ、ベーコンやハムに添加されていたり、お菓子のグミ、ヨーグルト、薬のカプセルなど、挙げればきりがないほど多種多様です。

また、コラーゲンが美肌にいいということで、ゼラチンを積極的に食事に添加して摂っているという方もいらっしゃるようですが、何でも摂り過ぎは良くありません。

ゼラチンの摂り過ぎが下痢の原因

なんでもそうですが、単一の食品を摂り過ぎることは下痢の原因になります。また、ゼラチンの場合にはアレルギーを引き起こす原因にもなります。

ゼラチンを大量に摂取すると、腎臓がタンパク質の処理に追い付かず、腎臓機能にも悪影響が出てしまうこともあります。

ゼラチンアレルギーは、割合から言うととても少ないのですが、ゼラチンは何にでも使われていますので、体内に入ってくる機会は非常に多いと思われます。

症状としては、他のアレルギーと同じで、軽度だと発疹、じんましん、かゆさ、下痢などですが、重症になると気管が腫れて呼吸困難になることもあります。

ゼラチンを食べ過ぎないことで、ゼラチンアレルギーは防ぐことができますので注意しましょう。

ゼラチンは一日10gで十分と言われています。おなかの弱い方はくれぐれも摂りすぎに注意しましょう。

また、お菓子などを作る際にはゼラチンの代用品として「寒天」があります。 寒天は食物繊維が豊富です。下痢改善には食物繊維が必要とはいえ、こちらも摂り過ぎは禁物です。

下痢になるとなかなか食欲も湧かなかったりします。少しの間だけなら、消化の良いものや、喉越しの良いものを摂ることで栄養補給するのはよいことです。

それでも下痢が治らない場合は、極力ご自分で作った普通の食事(脂っこくないもの)を摂るようにしてみましょう。 外食やお惣菜には添加物もたくさん入っています。自分で納得のいくものを口にすることも重要です。

お腹に心配のない方でも、食欲が落ちてしまう時期に消化の良いものに頼ってばかりいると、それが後から思い返すと下痢の発端だったということもあり得ます。

消化の良い物ばかり、同じものばかりを大量に、長期的に摂ることは避け、季節に応じて旬の食材をとりいれた食事を楽しむことができたらいいですね。

健康は腸内環境を整えることから

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。今ほど添加物がなかった時代、腸内環境が健康を大きく左右していることを、人々は経験として知っていたのです。

現代では日本に居ながらにして世界中の食材を手にできます。どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質にあっているかどうか別問題です。

身土不二」と言う言葉があります。身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。大切なのは、栄養がどれだけあるとか、身体の何に良いということではなく、その人の身体に合っているかどうか、身体が求めているものかどうかということです。

身体に合わないものは、それを早く出そうとして下痢になってしまいます。何を食べても下痢にならない人もいますが、そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善が早まることが期待できます。腸内環境を整え、強化するのに最適なサプリメントもありますので、少量からでも利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました