鍋料理で下痢をする理由

下痢の原因はさまざまありますが、実は思いがけないものが下痢の原因になっていた!ということもあります。普段は下痢になっていなくても、おなかが敏感な方や、胃腸が弱っている方などは無理をすると下痢の原因を作る可能性が多々あります。

 

あったかくて、おなかにやさしい料理代表「鍋」が実は……

寒い時に温かいものを食べるとほっとしますよね。寒い季節の料理と言えば鍋料理が挙げられます。また、おなかが弱っている時にお野菜やうどんを煮込んだ鍋を口にすることもあるのではないでしょうか。

ところが、鍋料理を食べると下痢をする鍋料理が下痢の原因になっている、いう人は意外に多いのです!

鍋料理の何が原因で下痢になるの?

特に冬は鍋の美味しい季節ですが、熱々の鍋を食べていると必ずおなかがゴロゴロいい始め、最後はトイレに駆け込むのがお決まり!なんてこともあるのではないでしょうか。

そういう場合、鍋料理の何がそんなにおなかを刺激しているのでしょう? 考えられるのは次の三点です。

1. 急激な温度変化

2. 鍋の具材

3. 調味料

です。

1.内臓の温度変化による自律神経の疲労

冷たいものや熱いものを急に食べると、おなかはびっくりしてしまうことがあります。

特に冬は外気の温度が低いため、外を少し移動しただけで体が冷え切ってしまうことも。

そんな時に食べる鍋はまた格別においしいものですが、冷えた体で熱々の鍋を食べることで、その温度変化に驚いた内臓が、急に活発に動いてしまうことがあります。

また、冷たいものと熱いものを交互に食べても同じことが起きます。急激な温度変化は、体の恒常性を保とうとする自律神経を疲れさせる原因にもなります。こうした場合、便の形状は、軟便から下痢であることが多いようです。

 

2.思いがけない食べ過ぎ

大根、長ネギ、白菜、エノキ茸、キャベツ等々……鍋の具材は食物繊維を豊富に含むものが多いのが

特徴です。

白菜などは、熱を加えるとかさが減るため、自分で思っている以上に野菜をたくさん食べてしまっていることがあります。

それもまた鍋料理の魅力ですが、おなかが弱い方の場合、不意の食べ過ぎが下痢の原因になっていることもあるのです。気づいたら腹八分目を超えていた、という状態です。

自分自身にとって適切な食事量を常日頃から把握しておくのも下痢を回避するのには必要な事だといえるでしょう。

 

3.スープの素に入っている添加物

近年は単身者向けの鍋用のスープがよく売れているといいます。一人分から作れる固形状のスープの素や、カップに入っているもの、チューブ状のものなど、形状は様々です。

これらに共通しているのは、添加物です。極少量で一回分の鍋の味付けを可能にしているこれらの調味料には、鍋らしい旨みを引き出すため、大量の食品添加物が使用されています。

おなかが緩く、下痢でお困りの方は、これらの添加物に敏感に反応する方が多いようです。おなかが敏感だと自分の体に合わない物質は、速やかに体外へ押し出そうとする力が働きます。

そのもっとも顕著な形が下痢という症状です。食品添加物という異物を、それだけ早く排除しようとしているのですから、体の防御機能がとても優秀であるともいえるでしょう。

これは鍋用のスープに限ったことではありません。インスタント食品、レトルト食品には多かれ少なかれ、保存料などの食品添加物が含まれています。

おなかが弱く、下痢に悩まされている方は、消費期限が極端に長いものは特に注意されるとよいでしょう。食品添加物が下痢の原因の一つであるかもしれません。

鍋を食べても下痢をしないために心がけると良いこと

まず、あまり急いで食べすぎないことが肝心です。その上で、使用する鍋の素も天然のものや無添加のものなどを選ぶようにするのがおすすめです。

しかしながら、便利で美味しい鍋の素は、おいしい鍋が簡単に作れますから、一度その味を知ってしまうと、手放すのはなかなか難しいかもしれません。

そんな時に大事になってくるのが、腸内環境です。

腸内環境を整えると下痢の原因も解消できる!

健康の要は何といってもおなか、つまり腸内が整って、正常に働いているかどうかです。健康的な人の腸内環境は善玉菌が優勢の環境になっていて、多少(食品添加物のような)悪いものを口にしたところで、おなかの中の善玉菌がきれいに消化し、何事もなく健康的な便として、体の外へ運んでくれます。

また、すぐ下痢になってしまうのは「腸が疲れているよ」という危険サインの一つでもあります。腸内環境が乱れている人のおなかというのは、消化力が弱く、胃腸に多大な負荷がかかっていることが多いのです。

この消化力に関しておすすめなのが、近年研究が進んでいる納豆菌という善玉菌です。古来より、日本では納豆という形で納豆菌をおなかに取り入れていました

味やにおいが受け付けないという人や、毎食納豆を食べる習慣がない、という人は納豆菌を手軽に補給できるサプリメントもありますので、一度試してみられるのもいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました