下痢が続く原因は栄養失調

下痢が続く原因は隠れ栄養失調 下痢が続く原因は体質やストレス、食べた物、あるいは細菌感染で起こる場合が殆どです。下痢が続くと何かと心配で、まず病院へ行きます。そこで下痢の原因を調べ、下痢が続く原因がわかるとそれなりの治療ができ、安心できます。しかし下痢が続く原因がさっぱり見当たらない場合、あるいは病院で処方してもらっても下痢が続く人は案外おられるものです。 中には現代ではあまり考えられないような方もおられます。例えば、栄養失調で下痢が続き、下痢の原因が不明の場合があるのです。
今の現代、「栄養失調」という言葉は日本では聞かなくなってきました。しかし、下痢が原因で栄養失調ではなく、栄養失調が原因で下痢になっているかもしれないということを考えたことがあるでしょうか。 もちろん、下痢が続くと栄養不足になって痩せていってしまう方もいらっしゃることでしょう。下痢が続いていたり、下痢になりやすい方はなかなか揚げ物や肉を中心とした食事をとることは難しいかもしれません。 健康だった方がダイエットを機に下痢になったりすることは、栄養失調が原因とも考えられます。そこからいつまでも下痢が続き、なかなか下痢が治らない・・・となるとますます栄養が足りていないかもしれないことは否定できません。 また、きちんと食事を摂っているのに栄養失調ということもあり得るのです。「食べている」ということも個人差がありますので、本人は食べているつもりでも、他人から見たら食事と言える量でないかもしれません。 そして、一番重要なのは、量を食べていても、必要な栄養素が摂れているかどうかということなのです。 現代の女性に多いのは「隠れ栄養失調」です。体はふっくらしているのに、栄養不足による栄養失調と言われることです。お菓子、フルーツだけ、炭水化物だけといった食事をしている方は要注意です。 ビタミン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛などを多く含む食事をするようにしましょう。 下痢が続いているとなかなか食べるものも食べれない。食べたらまた下痢になってしまう不安、わかります。しかし日本人が昔ながらにとってきた食事をしてみましょう。揚げ物や肉を食べなければいけないわけではありません。 和食中心の食事をしてみて下さい。初めから固形物が難しいのであれば、徐々に時間をかけて食事を戻して行きましょう。突然やり過ぎても、胃腸はビックリしてしまいます。 自分では食べているつもりでいる食事も、実は栄養不足の食事かもしれません。下痢で悩んでいらっしゃる方は一度、ご自分が「隠れ栄養失調」でないか病院で調べてもらいましょう。下痢の原因が栄養失調」から来ているかもしれません。 健康は食べ物で決まります。今、食べている物が、すぐに健康になるという結果が出るわけではありません。10年後くらいに今食べた物が健康の結果として表れてきます。 もちろん食べ合わせや細菌性の物を食べた時にはそれなりに結果が現表れ、下痢になることはありますが、健康になるためには日々バランスの取れた食事が一番重要です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の方は、腸内環境が非常に悪い方ですので、まずは腸内環境を整え、バランスの良い食事を摂ることから始めてみましょう。下痢の改善は一段と早くなりますよ。

]]>

タイトルとURLをコピーしました